中古を買ってリフォーム

中古を買ってリフォーム

「私らしさ」にこだわる、「私らしい」選択。
「中古を買ってリフォーム」をする人が増えています

中古が選ばれる理由は、描いた理想の暮らしを実現しやすいこと。
新築よりも選択肢が多く、お気に入りの街で、希望する広さの住空間に、
予算内で出会えるチャンスが、ぐんと広がります。
さらにリフォームすることで、より「私らしい」暮らしが実現。
間取りやインテリア、設備を自分流にアレンジできます。

家族

ポイントをきっちり押さえて、 「私らしい」暮らしの実現へ。

「中古を買ってリフォーム」成功のポイントは、イメージづくりと物件の状況確認。
事前に、理想の暮らしをしっかりとイメージしておくことで、私らしさが実現できる住まいが選びやすくなります。
また、リフォーム計画に影響しますので、周辺環境や築年数などもよく調べておきましょう。

リビング1

暮らしをしっかりイメージ

家族それぞれの夢をちりばめて

「通勤が便利」「家族と話せる対面型キッチン」など、どのような街に住みたいか、プランや設備をどうするか、家族それぞれの希望を整理し、優先順位をつけましょう。

家族1

補助金やローンをうまく使って

新築よりも費用負担が少ない「中古を買ってリフォーム」。どのようなリフォームに対して補助金の交付や税金の軽減が適用されるのか、あるいはローンが組みやすくなるのかなどを調べ、上手に活用しましょう。

計算

みんなが「私らしい」理想のカタチに

新築と違い、選択肢の多い中古物件。探しやすいように、整理した家族の希望から、理想のプランをつくってみましょう。また、必要な敷地や住まいの広さを導き出しておきましょう。

考える

物件やショウルーム見学でふくらむイメージ

中古物件の見学はもちろん、展示場や、キッチンなどのショウルームを訪れることで、理想のプランづくりに役立て、リフォーム後の新しい暮らしを、さらに具体的なイメージにしていきましょう。

案内

中古物件をしっかりチェック

どのようなリフォームができる地域かチェック

用途地域とは、住居専用地域、商業地域など、用途ごとに土地利用を定めたものです。用途地域により、建てられる建物の大きさや高さ制限などが決められていますので、チェックしておきましょう。

住宅

耐震性は築年数を目安に

耐震基準は1981年に大きく改正され、震度6強~7でも倒壊しないことが前提になりました。また、阪神大震災後の2000年の改正では、地盤調査も義務づけられました。1981年以前に建てられた物件では、現在の耐震基準を満たしていない場合があり、耐震診断が必要です。

住宅3

理想のプラン実現には建物の確認が大切

建物の構造によっては間取り変更に制限が出てきます。また、古い物件では、現在の建築基準法に適合してない場合もありますので、注意が必要です。

住宅2

現地を歩いて周辺環境を実感

利便性はもちろん、教育環境や地域コミュニティーなども調べておきましょう。また、現地を実際に歩いて環境を実感したり、朝昼晩と時間を変えて訪れて、日当りや人通り、通勤・通学のイメージなど、時間帯による環境の変化もチェックしましょう。

家族2

ご不明な点、相談したいことがありましたら是非アルカスへ!

 

↓↓いつでも気軽にご相談をどうぞ!↓↓

 

TEL:050-5434-9898