外壁塗装について

外壁塗装をするメリット

外壁塗装をすることによって得られるメリットがいくつかあります。

 

1.住まいの外観を向上させることができる

 

外壁塗装を行うメリットとして誰にもわかりやすいのが、住まいの外観(見映え)を向上させることだといえます。

新築してから10年以上が経過すると経年劣化により塗料が色褪せ、外壁の汚れやコケ、カビ、ひび割れなどが目立つようになります。住まいの外観は当然古びてしまい、新築時の美しさが失われてしまいます。

しかし外壁塗装を行うことで新築当時の外観を取り戻すことができ、いつまでも綺麗な外観を保つことができるようになります。

また新築時とは異なる色で塗装したり2色以上の色で塗り分けたりすることで住まいを手軽にイメージチェンジすることができることが、外壁塗装のメリットのひとつといえます。

2.住宅や外壁の耐久性を維持することができる

 

外壁塗装を行う最大のメリットといえるのが、住まいの外壁を保護して建物の耐久性を維持するということです。

屋根や外壁は常に紫外線や雨風に晒されているため、徐々に劣化が進んでいきます。

新築時に使用された塗料の耐用年数は7~10年程度のものが多いので、10年以上経過すると外壁を保護している塗膜の劣化が進み、紫外線や雨風の影響を建物が直に受けるようになります。

そうなってしまうと外壁のダメージはますます大きくなり、住まいの耐久性の低下につながります。そのため、住まいの耐久性を維持するためには定期的な外壁のメンテナンスが不可欠といえます。

また塗り替えにあたっては、新築時または前回の外壁塗装で使用した塗料よりも耐久性の高い塗料を選択することができます。

3.雨風や紫外線による経年劣化を遅らせることができる

 

住まいの耐久性の維持と関連しますが、外壁塗装の目的のひとつには「住まいの経年劣化を遅らせること」があります。

住まいが劣化する原因には、塗膜が紫外線や雨風の影響を受けて経年劣化することにより外壁にひび割れや塗膜の剥がれなどの不具合が発生して、雨水が建物内部に侵入してしまうことがあります。

そしてやがては室内への雨漏りやシロアリ被害が発生し、建物に重大な悪影響を及ぼすことになります。

外壁塗装工事では塗装前にひび割れ補修やシーリングの打ち替えなどを行うので、このような適切な処理を行うことで外壁の経年劣化を遅らせることができます。

4.防水機能や遮熱効果などさまざまな機能を外壁にプラスすることができる

 

外壁塗装に使用される塗料には、単に外壁を保護して見た目を美しくする以外にもさまざまな機能を持っているものがあります。

外壁塗装の際にどんな塗料を使用するのかによって、付加できる機能が異なります。ここでは塗料に付加されているさまざまな機能の中で代表的なものを紹介します。

■防水機能

 

外壁から雨水が建物内に侵入すると、雨漏りや構造躯体の腐蝕、シロアリ被害の発生など深刻な被害を引き起こします。

一方、外壁塗装を行うサイディングやモルタル、ALCなどの外壁材は吸水性が高く防水性能がないため、これらの外壁材の防水性能は塗装をすることで付加する必要があります。

したがって外壁塗装の目的には雨水の建物内への侵入を防止することがあり、外壁塗装に使用する塗料には防水機能が欠かせません。

■遮熱機能

 

塗料の中には、太陽光を効果的に反射して塗装表面の温度上昇を軽減する遮熱機能を持った特殊な塗料があります。このような塗料を遮熱塗料と呼びます。

遮熱塗料は室内温度の上昇を抑えることができるため、夏になると部屋に熱がこもってしまう住宅などにはおすすめの塗料といえます。また、冷房費用の削減にも高い効果を発揮します。

■防カビ・防藻機能

 

建物の北面や日当たりの悪い部分の外壁には、カビや藻が繁殖しやすくなります。

カビや藻が繁殖した外壁は見た目が悪くなるばかりでなく、建物の耐久性にも悪影響を与えかねません。このような外壁には、防カビ・防藻機能をもつ塗料が効果的です。

5.住宅の資産価値を保つことができる

 

外壁塗装による定期的なメンテナンスを行うことによって美観の維持につながり、住宅の資産価値を保つことができます

たとえ転居して家を売却する予定がなかったとしても、資産を守る上で定期的な外壁塗装が不可欠といえます。

外壁塗装の施工事例は下記のリンクから見れます↓

ご不明な点、相談したいことがありましたら是非アルカスへ!

 

↓↓いつでも気軽にご相談をどうぞ!↓↓

 

TEL:050-5434-9898