フローリングQ&A

工事について

Q.フローリングのリフォーム工事は何日かかるの?

 

 

A.古いフローリングをはがして下地の上に新しい床を張る「張り替え」と、古いフローリングの上に新しい床を貼る「上貼り」があります。

「上貼り」は工程が少ない分、工期が短くて済みます。リフォームをされる部屋の間取りや工事の内容にもよりますので、ご相談、ご確認ください。

 

 

 

Q.フローリングの一部分だけを張り替えることはできますか?

 

A.一部分だけの張り替えは、非常に手間がかかる上、古いフローリングの場合、廃番により同一商品がなかったり、「ヤケ」による色の違いが出ることがあり、おすすめできません。

 

 

 

Q.古いフローリングの上に新しいフローリングを張ることはできますか?

 

A.床面の強度や平滑さなどの条件を満たせば、そのまま上貼りできる場合もあります。上貼りによって段差ができたりドアが開かなくなる場合もありますのでご注意ください。上貼りリフォーム専用の薄い床材もあります。

 

 

 

Q.カーペットの床をフローリングに変えることはできますか?

 

A.カーペットをはがしてからフローリングを張ることになりますが、下地の状況によっては補強工事が必要になる場合もあります。

 

 

 

Q.トイレや洗面所にはつかえるの?

 

A.水まわりにおすすめする床材をお選びください。ただし、水濡れしやすい場所に施工するときは、さねの接合部をシリコンシーリングする必要があります。ご相談ください。

フローリングを選ぶポイント お手入れ

Q.フローリングを選ぶ際どの様なことを考えたらいいですか?

 

A.床は傷や汚れがつきやすい場所です。色柄だけでなく性能についてもしっかり考えましょう。
お手入れ方法の確認も忘れずに。下地や工法などで選択できる商品が異なります。
また、ペットがいる、車いすを使っている、といったご家族の暮らしに合った床を選ぶことも必要です。

 

 

 

Q.色を選ぶときのポイントは?

 

A.落ち着きが必要な寝室や書斎には、ウォールナット色やチェリー色など濃いカラーを。
軽快でカジュアルな雰囲気を演出したいリビングや子供部屋にはメープル色やホワイトオーク色やクリアー塗装などの明るめの色をお選びください。

 

 

 

 

Q. 日常のお手入れはどうすればいいの?

 

A.掃除機などを使いこまめにホコリをとるようにしてください。ぞうきんを使用する場合は、乾いたぞうきんでカラ拭きしてください。

溝部分にはホコリ汚れがたまりやすいので、注意してください。また、ひどい汚れの場合は、ぬるま湯につけて固くしぼったぞうきんで拭き取ってください。

 

 

 

 

Q.フローリングの表面傷の補修方法はどうすればいいですか?

 

A.傷が小さい場合は、傷の箇所にフローリングと同系色の補修用クレヨンなどを塗り込んで補修できます。

 

 

 

Q. 靴下をはいた足で滑ったりしないの?

 

A. 床材表面の摩擦係数が小さすぎると滑りやすくなり、大きすぎるとつまづいて歩きにくくなります。
床材の摩擦係数は歩きやすくて、滑りにくい、適度な摩擦係数に設定されています。

ご不明な点、相談したいことがありましたら是非アルカスへ!

 

↓↓いつでも気軽にご相談をどうぞ!↓↓

 

TEL:050-5434-9898